産後の肌質変化を予防するには?

出産は本当に老けるのか?

絶対にふけたと思います。悲しいくらい毛が抜けるし歯もなぜか虫歯だらけになったし乳もしぼみました。そして極めつけは、肌は、強くまったくシミなどできなかったのですが突然濃いシミが出来ました。大体、赤ん坊の時代は睡眠時間なんて無いに等しいですし、幼児になっても添い寝して熟睡できないし夜中に突然おう吐したりするので安眠なんてできません。睡眠は美容に直結していると思うのでそのあたりも関係していると思います。

35歳 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→脂性

産後はお母さんらしくなったと思います。妊娠前と今では年齢は1つしか変わらなくても雰囲気が落ち着いたので、メイクも派手ではなくなりました。出かける先が病院や子どもの集まる場所であるため、周りが同じ雰囲気のせいかもしれません。

27歳 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→体調不良が出やすい乾燥肌

老けたと思います。同学年の結婚していない友達とあったら顔の疲労感に差があり、自分が老けているのがよく分かります。肌のハリ、くすみ等をみるとやはり子どもを産んでいない女性のほうが明らかに若いです。もちろん体型にも差があると思いました。

30歳 【妊娠前→産後の肌質】特にトラブルなし→シミができやすい肌質

出産をした直後はあまりわかりませんでしたが、少し経って自分の写っている写真を見ていると、完全に老けている自分に気づきました。具体的には髪のボリューム、指の乾燥、首のしわなどちょっとしたことなのですが、少し太ったのも重なって、おばさんぽくなっていると思います。

30代後半 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→乾燥肌、化粧品も選ぶようになる

妊娠前に比べて、産後の私はかなり老けたと思います。肌にハリや艶が無くなった様に思いますし、睡眠も十分ではない為からか顔全体に元気が無いです。周りの友達や知人を見て、同じ年齢でも出産していない女性の方が若く見えると思います。

28歳 【妊娠前→産後の肌質】普通肌で肌トラブルなし→乾燥肌、化粧品によっては肌荒れや化粧品負け

産後2か月は自分の姿を鏡で見るのが悲しくなるほど疲れ切り老けていましたが、首が座った頃からは毎日の成長が楽しく、子供と遊ぶことで表情も気持ちも若くなりました。出産前は実年齢よりも上に見られることが多かったのですが、子供が歩くようになってからは実年齢よりも若く見られることが増えました。

35歳 【妊娠前→産後の肌質】油っぽいが特にトラブルはなし→乾燥肌になり、色々な化粧品でトラブルが起きます

産後の方が確実に老けた印象になったと思います。特に出産していない友人と一緒にいると、自分がいかに老けたかがハッキリわかってしまうのですごく悲しい気持ちになってしまいます。出産すると子供の世話が忙しすぎて自分のスキンケアやヘアケアなどがおろそかになるからだと感じています。

40代 【妊娠前→産後の肌質】普通肌でトラブル無しだったのが産後は、化粧品かぶれする敏感肌になりました

産後の方が老けたと思います。育児の忙しさに対する精神的な疲れ、寝不足等から体全体にも疲れが表れるからです。私自身は白髪も妊娠中から産後にかけて増えてしまったので産後の方が老けて見えてしまうのは避けられないと思います。

30代 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→何をしても潤わない乾燥肌

老けたと思います。胸も下がるし、母親の顔になると思います。服も子供を連れて歩くのに短いスカートなんて履けないし…。妊娠前はギャルギャルしい服でも、産後は動きやすいパンツスタイルにスニーカーです。落ち着いた、という言い方が合ってるかもしれません。

30歳 【妊娠前→産後の肌質】たまにニキビが出来るぐらい→生理前後でのニキビ、目頭目尻を中心に湿疹

私自身は産後に老けたということはないと思います。理由としては、元々童顔であるということもありますが、産後2週間ほどで妊娠前の体型にほぼ戻ったので、妊娠前と産後の見た目の変化がほとんどなかったためだと思います。

31歳 【妊娠前→産後の肌質】少し乾燥肌ぎみ→乾燥肌ぎみ&敏感肌

ナビ

Copyright (C) 2016 産後の肌質変化を予防するには? All Rights Reserved.