1. トップページ
  2. 妊娠前と産後で肌質はどう変わる?

妊娠前と産後で肌質はどう変わる?

脂取り紙の意味が分からなかったり、小鼻の脂を押すと白いのがぴゅーっって出てくるという話を聞き私にはなぜ無いのだろうと思っていましたが、産後Tゾーンはもちろん脂性になってしまいました。また汗もかくようになり化粧崩れが脂性と合わさりひどいです。

35歳 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→脂性

妊娠前までは思春期に見られがちなニキビなどのトラブルがないのが自慢でしたが、妊娠中から出産した現在までも、すぐに体調に左右されてしまう状態になってしまいました。冬場には乾燥肌も気になるようになりました。

27歳 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→体調不良が出やすい乾燥肌

産後忙しくて中々スキンケア出来ずにいたら、数ヶ月経ってそばかす、シミが急激に増えてきました。生活リズムも規則正しくなくなった為か、クマやくすみなど肌のトーンが暗くなりました。ニキビが出来てもすぐにキレイに治っていたのが中々治らないケースが増えました。

30歳 【妊娠前→産後の肌質】特にトラブルなし→シミができやすい肌質

肌が冬にカサカサするのは普通なんですが、目の周りにいたっては、年中カサカサするようになってきました。以前は就寝前にアイメイクポイント用化粧落としを使っていたのですが、今は使うと余計目の周りの乾燥が気になるので使うのも避けてしまいます。

30代後半 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→乾燥肌、化粧品も選ぶようになる

基礎化粧品を使用してのスキンケアは欠かさずしていたのですが、なぜか肌が乾燥していて困りました。また、妊娠前から使用していた基礎化粧品・ファンデーションを産後に使用したところ、肌が真っ赤になって痛くなってしまいました。以前はその様な事は一度も無かったですし、本当にビックリしました。

28歳 【妊娠前→産後の肌質】普通肌で肌トラブルなし→乾燥肌、化粧品によっては肌荒れや化粧品負け

出産前は肌が丈夫で、どんな化粧品を使っても化粧品負けしたことはありませんでした。出産してからはTゾーンと背中以外乾燥肌になってしまい、肌のことを考えて作られている有名ブランドの化粧品でも、痒み・赤みなどのトラブルを起こしてしまいます。顔だけではなく、手や足も乾燥がひどく一年中、保湿クリームが必要です。保湿クリームでも、今まで使えていた商品で肌荒れが起きてしまうなどのトラブルを起こすようになりました。

35歳 【妊娠前→産後の肌質】油っぽいが特にトラブルはなし→乾燥肌になり、色々な化粧品でトラブルが起きます

妊娠前は、どんな化粧品を使用してもお肌がトラブルを起こすことは全くありませんでした。ところが出産後に、急に敏感肌になってしまい、今まで使っていた化粧水や乳液が肌に合わなくなって赤い湿疹が沢山できてしまいました。それからは敏感肌用のスキンケア製品しか使えなくなりました。

40代 【妊娠前→産後の肌質】普通肌でトラブル無しだったのが産後は、化粧品かぶれする敏感肌になりました

肌が乾燥しているのか、とにかく真夏でもそれまで使っていた化粧品では全く潤いませんでした。カサカサしているのでファンデーションののりも悪いし、吹き出物が出たりと、産後の疲れがもろに肌に表れているといった感じでした。

30代 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→何をしても潤わない乾燥肌

産前はポテトチップスなどの脂っこいものを食べると次の日にニキビが出来るぐらいで、日常的には大きなトラブルはありませんでした。産後は生理前後に必ずニキビが出来るようになりました。また今まで使ってたアイシャドウ、アイライナーを使うと痒みが出て、皮膚科では湿疹と言われました。

30歳 【妊娠前→産後の肌質】たまにニキビが出来るぐらい→生理前後でのニキビ、目頭目尻を中心に湿疹

産前から乾燥肌だったので保湿には気をつけていました。そのため、産後は忙しい中でも保湿には気を使おうと考えていましたが、肌質が敏感肌に変化してしまったようで、産前に使用していた化粧水、乳液、美容液などが肌に合わなくなってしまって困りました。

31歳 【妊娠前→産後の肌質】少し乾燥肌ぎみ→乾燥肌ぎみ&敏感肌

ナビ

Copyright (C) 2016 産後の肌質変化を予防するには? All Rights Reserved.